書籍紹介

マニフェスト革命〜自立した地方政府をつくるために〜

【目次】

マニフェストの「伝導師」として活躍する北川正恭氏が初めてまとめた、マニフェストの真髄とも呼べる一冊。

2003年に同氏がマニフェストを提唱した経緯から始まり、その後のマニフェストの進化(地方・国政選挙)、当選後のマニフェスト・サイクル、マニフェストを支える自治体経営のあり方、今後の展望などにつき、わかりやすく解説する入門書である。

マニフェストが選挙の「標準装備」となりつつある今、来春の統一地方選挙に向け、関係者にとって必要不可欠な一冊。
地方議員はもとより、自治体職員・国会議員・NPO・一般市民・大学生など、多くの方々の参考となる書。

購入はコチラ

※「株式会社ぎょうせい」のサイトから、図書検索のキーワード検索の中に マニフェスト革命と入力して下さい。

書籍一覧に戻る


▲ページの先頭へ戻る